相手の課題に踏み込むその前に

クラスの保護者が悩んでいました。

 

「うちの子、宿題の音読をやらないんです!!」

 

 

音読って楽しいと思うんだけどなぁ…その子は興味がないんだろうなぁと、

そんなゆるい気持ちでいました。

宿題出してないなぁっていうのは知っていたけど、お母さんがそのことを気にし過ぎていたのは知らなかった…

 

 

 

以前その方には、指摘ばかりは…という話をしたことがありました。だから2学期は全く言わなかったんだそうな。するとどんどん酷くなっていったそうな。

 

 

今回の件は音読の宿題をやっていないということ。その課題はもちろんその子のものです。

お母さんが無理やりやらせてやるもんじゃありません。

他人の課題に首を突っ込むほどの争いの種はありません。

 

 

でもだからと言って、ガン無視するということじゃないんですよ。

大人でも構ってもらえないと、反応がないと寂しい。

子どもも同じ。

プラスの反応を出しまくればいいんだよ。

 

漢字テスト10問あって、1問しか正答がなかったとしても、目を向けるのがその合っている1問だったらテストやった方は気分がよくない?

 

 

 

勉強に限らず、子どもの成長を考えると、どうしても「何とかしたい、なんとかしなきゃ」って親は思ってしまって子どもの課題に踏み込んでしまう。

課題に踏み込むと、その課題を何とかしなきゃって、視野が狭くなる。

素敵なところがいっぱいあるのに、不思議だね。

 

 

いや、いっぱいじゃなくていい。

こんな時なB’zのイチブトゼンブが染みる。

愛し抜けるポイントが一つありゃいい。

その一つのポイント見つめていれば、認める言葉を掛けやすくなるんじゃないかな。

 

 

愛されパパになるための魔法の質問

愛し抜けるポイントはどこですか?

 

 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

WordPress.com Blog.

ページ先頭へ ↑

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。