誰かを勇気づけるための方法

 夏になると毎年思い出すことがあります。

 それは、父が見せてくれた親心。

 

 

 夏休み中、町内対抗で行われるソフトボールが僕の学区にはありました。僕はとんでもなく運動が下手くそで、体力もないので、あんまり練習は好きではありませんでした。

 

 それでも、父がわざわざソフトボール用のグローブを買ってくれたので、それを使うのを楽しみにして頑張っていました。

 運動慣れしていない僕にとっては、当時でも夏の暑さはしんどくって、アップのためのランニングだけでもうヘトヘト…。さすがにそれだけで休むのはまずいだろうと思い、キャッチボールを頑張るも、途中でリタイア…。

  まぁ情けないったらありゃしない。女の子も元気に頑張る中、僕は端の日陰で休むことになりました。

 練習中、毎回…というわけではなかったけれども、そういうことはちょいちょいありました。

 

 

 そんなんだし、そもそも守備もまともにできないから、同級生がバッチリ選手に選ばれる中、僕は当然ベンチ…。

 同級生が選ばれて、下級生も選ばれて…自分がベンチ入りだとやっぱり悔しかったです。

 

 

 試合では、一回も出場することはありませんでした。僕が試合中にやっていたことは、大きな声で仲間を応援することと、みんながベンチに置いていったバットやグローブ、ヘルメットをきれいに並べることでした。

 

 僕の中では、「試合で頑張った!」なんていう感覚はなくて、「試合のお手伝いにい行った」という感じでした。

  

  

 でも、その日、全くいいところが無かった僕に対して父は言ったんです。

 「よく頑張ったな」

って。

 

 小学6年生でしたから、さすがに「いやいや、僕出てないよ。頑張れてないよ。」と言いました。

 そうですよね。自分で「頑張った!」という感覚がなかったんですから。

 

 

 父は、

「お前が一生懸命応援してたし、道具を並べていただろ?あれでみんなは気持ちよく試合ができたと思うぞ。それも仲間としての一つの協力だぞ。よく頑張ってたよ。」

 と言いました。

 

 

 そのとき、ようやく僕はチームに対して「必要だったんだ」と思えました。父の言葉がすごくうれしかったのを覚えています。

  

  

 練習の早い段階ですぐにヘトヘトになり、

 

 守備も攻撃も全く参加していない

 

 そんな風でも、父は、

 

 めちゃくちゃ「激」を入れるんではなくて、

 

 僕の頑張ったところを見つめて、認めてくれました。

 

  

 

 

 めちゃくちゃ恐い父でしたが、頑張ったことに対しては、常に認めてくれました。

 

 

 

 認められるからこそ、次を頑張る勇気が出てくる。

  

 

 

 その頑張りが、その人にとってどうか…というのは見極めがとっても大切だと思うけれど、次を頑張るエネルギーが湧いてくるような言葉掛け、親としても教師としても、子ども達に向けて続けていこう。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

WordPress.com Blog.

ページ先頭へ ↑

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。