上手な字を書くのが苦手な子へ

小学校の先生って、字が上手な人、とっても多いです。

ちなみに僕はとっても下手くそでした(笑)大学生の頃に、姉に「そんな下手な字で小学校の先生になるの?」と馬鹿にされたので悔しくて特訓しました。

 

話が逸れましたが、小学校の先生は字が上手な人が多いんです。そのために、子どもが書いた字に厳しいんです。本当に厳しい。これまでの経験上、ベテランの女性の先生は厳しい人が多いです。

子どもの書いた字のバランスが悪いものは、ひたすらに赤で直します。尋常じゃないくらい直します。

僕はこの行為が中々の時間の浪費だと思ってます。先生にとっても子どもにとっても。

もちろん、急いで適当に書いたっていう子もいます。間違っていたら直します。ただ美しさにはこだわりません。お互いの時間がもったいないからです。

 

 

頑張っても、時間をかけても、書けない子っているんですよね。

では美しい字が書けないからといってダメなのか。そうではないです。

僕は友達に、字は美しく書けないけれど、とんでもなく頭の回転が早い人がたくさんいます。中には東大に行った友達もいます。字は全然美しくないけれども。

 

だから僕は字の美しさはこだわりません。

字の美しさが全てじゃないと思っているからです。

 

 

 

字の美しさを求める先生は言います。

「こんな字で大人になったときにどうするのか。」

「こんな字じゃ将来困る。」

こんな風に子どもたちの将来を憂い、今日もせっせと字の美しさを求めて時間を費やすのです。

 

20年くらい前なら、そう言われても「ふむふむ」と思えましたが…今は……ね。

パソコンあるし。スマホあるし。

字を書くことが好きな子は、ぜひとも時間をかけてほしい。それが自分の得意な表現法なんだから。

 

でも、そこに時間をかけたくない子はかけなくていいよ。

違うところに時間を使えばいいよ。

 

 

先生も違うところから良さを見つければいい。

そんな緩さをもってもいいんじゃないかな。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

WordPress.com Blog.

ページ先頭へ ↑

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。