自分の見た目を気にするならば

「人は見た目じゃない」と聞くと、そりゃそうだと思う人は多いと思いますが、僕がその言葉はただの綺麗事だと感じたのは小学6年生の頃でした。

 

 

小学生五年生の頃まで、僕は大変太っていました。

それはもう中々な太り具合でした。毎年の増加量は5Kg。

小学5年生では夏休みに最高値62.5Kgに到達(`・∀・´)

 

それだけ太っていたから、よく学校で「デブ」と言われてました。

狭いところをすれ違おうとした時に、「デブがこんなところ通るな」と。

キックベースの一塁にいて、二塁に向かって走ったら「デブが走るな」と。

 

それくらい太っていたんです。

 

 

あまりの悔しさで小5の夏休みにダイエットを決意して、6年生では47.5Kgになりました。

 

そしたらなんと、周りの対応が全然違ったんです。

バレンタインのチョコも生まれて初めて5つもらえました(笑)

「人は見た目じゃない」なんて嘘っぱちだと思いました。

 

 

教員になってからの話です。

家庭訪問で保護者から

「先生、デブっていけないですか!?太ってちゃダメですか!?」と言われたことがありました。

なんだ、このお悩み相談は…と思いました。

先生は痩せているから、気持ちなんて分からないですよね!

そんな強烈なひと言を浴びましたが、小学生の太っていた頃の話をしてカウンター。

絶句ですよね、保護者の方も。

 

 

僕は小学生の頃、太っていた自分が嫌だったんです。馬鹿にされていたから…というのはありましたが、太っている自分を自分自身が嫌だったんです。

 

だから「痩せよう!」と決めました。

 

 

その保護者には、「今の自分が嫌かどうかじゃないですか?」、「いいか悪いかを決めるのは自分自身だと思いますよ」と話しました。

 

 

見た目に限らず、今の自分が嫌なら変わればいいだけだし、今の自分が好きなら自信をもてばいいんです。

 

どんな自分になれたら最高か。

 

そこを考えることが大切ですよね(´▽`)

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

WordPress.com Blog.

ページ先頭へ ↑

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。