怒ることは悪いことなの?

教員になる前のことです。教育実習先の子どもに「ねぇ、なべちゃーん」と呼ぶ子がいました。 

 

同級生がその子に、「ねぇ、友達みたいに呼ぶのっておかしくない?」と言っていましたが、その子は

 

「おれ、最近大人をナメてるんだよねー。大人なんてバカにしたってよくない?」

 

と返事をしていました。

僕と関係性を深めるためにではなく、バカにしているということで「なべちゃーん」と言っていたんですね。

 

 

当時は若かったこともあり、未熟だったので、怒鳴ってしまいました。

 

友人にこの時の話をしたら、「怒る」じゃなくて「叱る」ができるといいなと言われました。

 

 

「怒る」と「叱る」では捉えられ方が違うんですね。

教員向けの本にも書かれていたことありましたが…。

 

 

さて、ダメですかね。怒ることって。

 

 

僕は「怒る」という感情を表すのって悪いことじゃないと思うんです。

人間だもの←

 

 

いや、まぁ冗談は置いて、そういうところに人間臭さが出るのもいいんじゃないかなと思うんです。

 

大切なのはその感情の表し方で。「怒り」を表すのに「怒鳴る」を選ぶと子どもは萎縮してしまいます。

それは叱るときも同じ。

 

 

 

「怒る」は自分の感情をどうたらこうたら…

「叱る」は相手のことを思ってうんたらかんたら…

 

 

よく聞く話ですが、そこよりも僕は「怒鳴る」という方法を選択するところに問題があるんだと思ってます。

 

 

 

怒ることは怒鳴ることではありません。怒鳴らずにだって怒りの感情は相手にしっかり伝えられるし、それを伝えるからこそ相手が分かることだってあるはずなんだ。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

WordPress.com Blog.

ページ先頭へ ↑

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。