与えるためにできること

「与える」と聞いて、どんなことを想像しますか?

 

 

誰かに何かを与えることは、自分から何かを差し出すこと思い浮かべると思います。

僕は教員として子どもたちに「与える」と言えば、知識や経験、想い、方法…それらを伝えることだと思っていました。

 

でも実はそうではなかったと、ある時気付かされました。

そして先週、子どものスピーチを聞いて、改めて大切だなぁと実感しました。

今日はそんなことを綴ります。

 

 

 

先週のスピーチで、クラスのある子がこんな話をしてくれました。

 

「私は、今まで人前で話をするのが苦手でした。

でも、五年生になって渡邉先生のおかげで好きになれました。」

 

そう、以前なブログで紹介した、手紙を書いてくれた子が、こんな話をしてくれたんです。

 

 

 

「渡邉先生は、私の話をいつもちゃんと聴いてくれて、とても嬉しくなりました。だから、話すのが好きになったんです。」

 

 

この言葉を聴いた時、嬉しかったのは言うまでもありません。もちろん、僕がどうのこうのではないですよ。

前のブログでも書いた通り、自分を変えようと思って行動したことが嬉しかったんです。

 

そして改めて「聴く」ことの大切さを実感しました。

聴くことは与えることなんですよね。

 

 

ついつい、何かを語ったり、教えたり、諭したりすることが与えることと思いがち。

 

いや、そういう形もあると思う。

 

でもやっぱり僕は聴くことを選びたいな。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

WordPress.com Blog.

ページ先頭へ ↑

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。