嫌いな野菜が食べられるようになる魔法

この魔法は中々時間がかかります。ご了承ください(笑)

 

 

まずは僕自身の話。

トマトが大嫌いで大嫌いで…体にいいのは知っているけど大人になっても避けていました。

特に生野菜なトマト!

無理でした。

ミニトマトも当然変わらず。

  

妻と付き合うようになった10年前から(もう10年も経つんだなぁ)無理矢理食べさせられてました。食べなさいと言われて。

さすが管理栄養士。

断ったら嫌われると思って←

渋々食べてました。

  

  

ところが嫌々だったものがいつの間にか食べられるように…そして気付いたらおいしいと感じるようになりました!

不思議なもんです。

そう感じられるようになるまで5年くらいかかりました。うん、長い!!

 

もう一つ、息子の話をします。

長男も実はトマトが嫌いなんです。

トマトって苦手な人が多い野菜なのかな。

もちろんミニトマトも嫌いで…

 

 

そんな長男がなんと昨日自分からミニトマトを食べたんです!!\(^o^)/

 

これには理由があって、そのミニトマトは保育園で栽培されてたものだったんです。

それを昨日、大事に愛でて持ち帰ってきて、愛で過ぎて割れてしまって←

でも最後は自分から食べるっていうね。

ご飯のときに出されたものは食べないのに…

 

実は同じようなことが学校現場でも起きます。

それは2年生の生活科。自分たちで育てたミニトマトを収穫して食べる時、苦手な子も何故か食べるんです。

 

しかも面白いのが、トマト好きな子が「酸っぱくて甘くておいし〜!!」

 

なんて言ったら苦手な子も顔をしかめながら「あっ、本当だ!何か甘い!」って…

 

 

 

いやいやいや!絶対無理してるでしょ!って心の中で思いながら

「甘いんだ〜!それはよかったね〜」

と、笑顔で返しました笑

  

 

 

自分で育てた物って愛着が湧くんですよねー。

それって苦手な野菜を克服するある種の魔法なのかなと思います。

これまた時間がかかりますが、僕の例のような5年もかかりません。

ワンシーズンでいけます。

 

妻とは来年、野菜を育てて収穫して食べたいねって話になりました。

作るならやっぱり息子が苦手なトマトかな〜(笑)

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

WordPress.com Blog.

ページ先頭へ ↑

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。