「楽しいクラス」じゃなくて、「楽しむ人」を育てることが大切なんだ

昨年度末、なみだなみだのお別れをした3年生の子ども達は元気に4年生の生活を過ごしています。

 

「新しいクラスはどんな感じ?」と聞くと、

「楽しい!」

と返ってくるとき、とっても嬉しく思います。

子ども達が学校に楽しく登校してくれることは、何よりの喜びだから。

 

学年が変わっても、子ども達とできたご縁をすごく大切にしています。

廊下ですれ違うわずか数秒でも、欠かさず声を掛けてしまいます。

そして担任した子達が今のクラスを楽しんでいることを知ると、元気をもらえます。

 

でも、今日声を掛けた子は、こんな言葉を返してくれました。

「ん~、3年生の頃が楽しかったなー…」

 

自分のクラスにいたときが楽しかったと言ってくれるのは、本当に嬉しいことです。よい雰囲気が作り出せていたのかなぁと。自信をもらえます。

 

ただ、その子の幸せを考えたときに、「楽しいクラス」にするのがベストじゃないんだなと思いました。

「楽しいクラス」は楽しいんです。楽しくしているから。

 

でも、どんなクラスでも子どもたちにとって「楽しい」わけじゃないんです。「楽しいクラス」に出会わないこともこれからたくさんあるでしょう。

そう考えると、僕は「楽しいクラス」にするんじゃなくて、どんな環境におかれていても「楽しむ人」を育てていくのが大切なんだろうなと感じました。

 

「『自分が楽しくしよう!』という気持ちでいると、少しずつ楽しくなってくるはずだよ!」

その子には、そうやって声を掛けました。

 

僕はずっとクラスの子ども達と過ごしていくわけではありません。

別れのときは必ず来ます。

3月の別れのときに、

「楽しい1年だった!次の1年も思いっきり楽しもう!」

と聞きたい。

どんな状況に置かれても、「楽しむ」子ども達を育てられるようにしていきたいな。

…さぁそのために、どんなことができるかな☆彡

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

WordPress.com Blog.

ページ先頭へ ↑

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。