家の中がおもちゃで散らかって、イライラしているパパへ

一日仕事をして帰宅すると、おもちゃが散乱していることがたまにあります。今ではその光景は慣れましたが、慣れる前はその光景を見て、どっと疲れが出ていたことを覚えています。

 

 

僕はどちらかというと綺麗好きな方です。だから部屋が片付いていないと落ち着きません。

世の中のパパはどうでしょう?

片付いてなくても落ち着きますか?

 

以前の僕は、片付けられていないことに対して嫌だなぁと思い、片付けを強要していました。

片付けられていない状況を見て、

「こいつは問題だ!!」

と思っていたのは自分自身だったのに、それを息子にやらせていたのです。

 

 

「いやいや、おもちゃ出したのは子どもなんだから、子どもにやらせないとやらなくなっていくよ。そりゃ子どもにやらせるの当然でしょ。」

 

 

そんな風に思う方も多いでしょう。でも息子の中では、おもちゃがブチまけられていることぐらいで動じていません。

こんなときは自分で動くのが一番です。

パパが動いて一気に片付ける。子どもたちにはその姿を見せるのが一番。だって「こいつは問題だ!」って思っているのはパパなんですから。

 

パパがひたすらに続けていると、面白いことに、片付けをやろうとします。「片付いて綺麗で気持ちいいね♪」と語りかけまくると、そんな気持ちが理解できてきます。あっ、これは幼いうちからこつこつとね!

子どもが片付け後に、「片付いて気持ちいいね」が口癖になったらこっちのもんです。

 

 

  

 

 

 

とは言ったものの、やっぱり片付けを自分でやらせないのはおかしい!!とお考えのパパ。無理やり行わせるのではなく、ぜひ気持ちをのせてみてください。

 

 

今日の我が家では、長男VS次男の片付けバトルが始まって長男のやる気に火が着きました。 

次男はもともと整理整頓は好きなようなので、進んで片付けていましたが

問題は長男です。

 

片付け好きな次男が認められていると燃える長男。

負けちゃいられません。

 

 

この兄弟、勝ちにいくことはしないけれど、絶対引かない融通のきかないところがあります。「負けない」男児たち。

 

 さらにそこへ片付けが進むように、そんな彼らが喜ぶ言葉をプレゼント。

それは何か…

 

何個おもちゃを片付けたか、実況中継しながら数を数えて応援したんです。

 

この応援、長男にどハマリでした。

(次男はわかっているか分かっていないかが、まだ言葉に出せないのでわかりませんでした)

「今、何個片付けた?」

と興味津津。

「どんどん片付ける個数を増やしてるね~!!」

と褒めると、さらにやる気になりました。

そういうことで燃えちゃうんだね(笑) 

 

 

我が家の子どもたちの場合は、「気持ちがいいね~」というよりも、「何個おもちゃを片付けることができたか」という記録の方が燃えるようでした。

 

こんな感じで探ってみると、子どもの片付け一つで楽しめますよ~♪

 

愛されパパになるための魔法の質問

どんな言葉で応援しますか?

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

WordPress.com Blog.

ページ先頭へ ↑

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。