話せない≠理解していない

次男は現在1歳9ヶ月です。言葉はほんの少しだけ出てきましたが、どちらかというと遅い方だと思います。

 

でもそんな彼、決してこちらの言葉を理解していないわけじゃないんです。しっかりと理解しているんです。

昨日、ミニカーを両手にもったままお風呂場へ行こうとしたので、

「お風呂に入るから、車は片付けようか」

と声をかけると、ちゃんとおもちゃ箱の中に入れにいくんです。

 

 

今日は積み木をめちゃくちゃ投げまくっていました。花咲かじいさんのようにどんどん箱から投げる投げる…

あっという間に積み木の海《゚Д゚》

それでも投げる手は止まりません。恐ろしい男よ。

そろそろ止めてほしいなぁというのと、スーパーに買い物に行く前だったので、

「積み木を片付けようか」と声をかけるときちんと片付けるんですよね。

 

話すことは全然しないですよ。でもこちらの言葉は正しく理解している。

アウトプットの方法が「行動」しかないので、すぐに伝わりませんが、少し待てば理解していることが、こちらにしっかりと伝わるんです。

 

 

次男の場合は1歳9ヶ月ということもあって、「話せないからそりゃそうだよ」と思われる方も多いと思いますが、言葉が出ても話すことが苦手な子はいます。普段は話すけれど、話せない状況では一言も出ない子もいます。

 

 

言葉ってとっても便利な分、すぐにレスポンスが無いと発した方は

「あれ??伝わっているのか??」

と思ってしまいがちですが、そんなことはないんですよね。

 

 

言葉は聞いているし、きっと理解しているんです。

出力が苦手な子はいます。

 

でも出力は行動や文字など、言葉以外のものでもあるんです。

 

 

昨日、今日と次男を見ていて、感じたこと。

こういうことを頭に入れながらクラスを見れば、

「話すのが苦手な子は、どうやって自分の思いを出力しようとしているのかな?」

って考えやすくなる。

 

 

そう、「話せない」「話すことが苦手なこと」は決して悪いことではないんだ。

 

 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

WordPress.com Blog.

ページ先頭へ ↑

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。