子どもの感性を信じる

教員12年目にして、ようやくまともに道徳の授業を行うようになりました。

 

これまでは行事準備のために時間がとれなかったり、月曜一限にあてているため、朝会のあとで慌ただしくて時間をとれなかったりと…とにかく時間がとれず、まともにやれていませんでした。

 

2校目から少しずつ行い始めましたが、中々上手いことできませんでした。

結局、「~のようにしていきましょうねー。」みたいな感じで終わってしまう。

 

道徳観なんて人それぞれなのにね。何だか変だ。

 

そんな風に思っていました。

 

 

魔法の質問に出会ってから、どんな問いかけをしようかと考えるようになりました。

 

 

道徳の話を読んで、質問を考える。お話と、いくつかの質問を通して、子どもたちが何かを感じ取ってくれればいいなと考え、道徳の授業をやっています。

 

今日のお話は努力について。最終的に問いたかったのは、

「努力をし続けるために、できることは何ですか?」

 

 

子どもたちって、こちらが言わなくたって、しっかりと感じ取っているみたいです。それは一時間の授業でもそうだけれど、それ以外のところからも。

 

素敵な答えがいっぱいありました。

「楽しみながら夢中になる」

「いやだなという気持ちをなくして、楽しんでやる」

「リラックスして目標を立てる」

「簡単なことから始める」

「時間を決めて取り組む」

「やるところを決めて取り組む」

 

などなど…小学校3年生とは思えないようなことも書かれていました。

こんなこと語ってないよ!!(笑)

 

 

言われなくたって、これだけのことを分かっている子どもたちの感性を、信じずにはいられません☆

 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

WordPress.com Blog.

ページ先頭へ ↑

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。