子どもに多くを求めていませんか?

小学校では様々な指導があります。

 

例えば、

「手洗い、うがいをしっかりしましょう。」

「休み時間は外で元気よく遊びましょう。」

「よくかんで食べましょう。」

「残さず食べましょう。」

などなど…

 

中には条件によっては、相反するものもあるんです。

例えば…

およそ20分という短い給食の時間に

「よくかんで食べましょう」と「残さず食べましょう」

の両立は無理じゃないですか?

よくかんで食べてたら、20分超えてまうわー。残さないとむりっしょ。

 

休み時間は10分しかないのに、

「外で元気よく遊びましょう」と「手洗い、うがいをしっかりしましょう」

これも…

遊びもこれから!ってときに授業開始のチャイムが鳴って、手洗い、うがいどころじゃないよ。大急ぎで教室戻らないと(´Д`;)

 

 

こんなにたくさんのこと、ぜーんぶ指導するの無理ー!!

だから多くを子どもに求めない。

だから子どもたちには全部やろうとは言わない。選択してねと言います。

 

 

何が大切かの価値観って、多様だもん。

 

 

子ども目線でもしんどいと思うんだよね。

家庭生活で…

挨拶して、てきぱきと身支度して、好き嫌いしないで残さず食べて、進んで勉強やって、机の片付けやってetc…

大人でなるんだから、

無理ーーーーーーーー!!!!!!!!!!!!!!!!!ってなる子どもも多いはず。

 

 

気になったらその都度価値観を確かめ合って、子どもが何を大切にしているのか理解できるといいなぁ。

 

 

愛されパパになるための魔法の質問

大切にしたいことは何ですか?

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

WordPress.com Blog.

ページ先頭へ ↑

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。