子どもの夢、どうやって応援します?

 理想の10年後はどうなっていますか?

 初めてこのしつもんと出会ったときは、中々衝撃的でした。

 

 全てのことが上手くいった10年後を想像していいんだよって。

 

 しかもそれを語るときには、現在形か過去形で話すから何だか不思議な感じがする。

 

  

 昨年の発問力研修でこの質問に答えた時には、僕はカフェを経営していることになっていた。しかもどっかの田舎で。

 

 今年はしつもんの講師をやっていることになっていた。オンラインで何かやったりしていた。やっぱり田舎で(笑)

 

 

 最近ずっと、自分は何がやりたいんだろうと考えていて、何だかまた新しい夢ができた気がした。これまたちょっとぶっ飛んでる。夢なんてちょっとぶっ飛んでるくらいが調度いいと思ってる。

 「僕、ユーチューバーになって、めっちゃ稼ぐんだ!」って言われたら、どう答えますか?

 

 自分の子どもが意気揚々と、こんな一言。

 「将来ね、ユーチューバーになりたいんだよね!」って…

 どうですか?

 

 僕の子はまだそこまでは話せませんが、3年前、5年生を担任しているときは、クラスの男の子がユーチューバーになりたいって言っていました。

 僕はそのとき、さらっと「がんばれ」しか言えませんでした。

 振り返ると、否定はしなかったものの、もっと認めることができたなって思います。

「いいね!」って気持ちを込めて

  気持ちの込もってない承認なんて、子どもたちは見破ってしまいます。

 

 「あっ、今の一言、本気じゃないな」ってすぐに気付きます。子どもの感性は本当に鋭い。

 

 僕ができることは、どんなにぶっ飛んでる夢でも、心の底から「いいね~!」って認められるように、考え方を広げること。世の中をもっと知ること。

 

 これからもっともっと、働き方が変わってくる。仕事の種類が増えてくる。子どもたちの夢だって無限に広がる。

 

 そんな無限に広がる夢に、曇りのない心で「いいね!」って言いたい。

 

 僕のぶっ飛んでる夢を聞いた妻が、僕に言ってくれたようにね!!(´▽`)

 

 

 本当にエネルギーもらえるね!楽しも!!

 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

WordPress.com Blog.

ページ先頭へ ↑

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。