気持ちをニュートラルにする大切さとは

インプットからのアウトプット

 今年のお盆は、3日間連続で自分の学びに時間をつかうことができました。妻がそれを実現してくれました。感謝しきれないくらい感謝です。

 

 さて、この3日間の学びは、STR、魔法の質問、watchaTOYOTAでの5名の方の講演です。

 

 

 どれもとっても刺激的で、いいなぁと思うものばかりでした。

 

 

 そうなると、やっぱりすぐに真似したくなるんです。僕、学んだことはすぐに使うんです。学びにはアウトプットが大切って思っています。

 

 ただ、このときに自分の気持ちをニュートラルにしておきたい。

 

 間違っても

 

 「これ、めっちゃいいよー!!!!真似しないと、絶対もったいないって!!」

 

 みたいなノリで同僚に伝えたくないし、

 

 

 「これ学んできたからさ、みんな、2学期はこれやるぞ!!いくぞー!!」

 

 

 みたいなノリでクラスの子どもにも伝えたくない。

 

 僕のアウトプットは、ゆるくゆる~く。ニュートラルなんです。

やらない子がいたら、どうする??

 お盆中に学んでいるんだから、気持ちがあつ~い人たちばかりだと思うんです。

 

 

 でも、気持ちが熱すぎると、気づかない間にギアが入る。

 

 「こっちへこい!」と誘いたくなる。

 

 

 すっごく簡単なことで言うと、

 

 今日の会場は「せーの、いいね!!」で親指立ててグッドポーズ。

 

 あれ、めっちゃ面白いんです。雰囲気よくなるし、自分にもいい影響あるし。

 

 でも、あの方法が全ての人の、全ての子どものベストじゃないんだよなぁって思ってます。

 

 学級でやろうとするとき、クラスの雰囲気にもよるけれど、やらない児童が出てもおかしくない。そんなとき、学んだ方はどうするだろう?

 全てを包み込む愛

 僕の名月荘でのテーマは「どのように愛を示しますか?」でした。

 

 

 どれだけ自分が学んできても、やらない子がいたって変じゃない。その子にとって、自分の学びがベストじゃないときだって、いっくらでもある。

 

 そんなときでも、その子に向けて笑顔いっぱいで愛を示すんだ。

 

 そのために心をニュートラルポジションにするんだ。

 

 

 ついつい、

「やってもないのに分かんないって!一度やってみようよ!」

「俺が変わったから、絶対お前も変われるって!!」

 と言いたくなっちゃうけれど、

 そんな言葉を発する前に、その子どもと信頼関係を築くことを優先させたいな(´▽`)

 

 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

WordPress.com Blog.

ページ先頭へ ↑

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。