何気に吐き出した言葉がナイフのように突き刺さる

僕らは知らない内に人を傷つけることがある。

気付かれないけれど、傷つくことがある。

僕が中学一年生の頃、担任の先生が話した内容に勝手に深く傷ついたことがある。

それはトイレの話

先生は、

「どれだけ綺麗な家に住んでいても、どれだけお金持ちでも、トイレが汚い家庭は心が綺麗じゃない。」

と言った。

僕の実家はお世辞にも裕福とは言えないし、寧ろ並み以下だ。

綺麗な家に住んでるわけでもない。

おまけに家族は掃除をしないから、トイレは汚れていた。

家がそんな状態で、この話を聞いたもんだから、中学一年生ながらに中々こたえた。

落ち込んだことを誰かに言ったわけでもないし、親に腹が立ったわけでもない。

先生に腹が立ったわけでもない。

ただ単純に傷付いただけ。

言葉は不思議。

何気ない一言が、時としてナイフになる。

もちろん反対に、誰かを包み込むような羽毛布団のようにもなる。

子どもたちと関わるときに、

水のように、じんわり染み込んでいくような、

そんな言葉を使えるようになりたい。

そんな言葉が使えるように気持ちをニュートラルにしておこう✨

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

WordPress.com Blog.

ページ先頭へ ↑

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。