勉強を教えるときは〇〇が必要

教えるときにケンカになります

 保護者の方が、子どもに勉強を教えるとき、親子だからか言い合いになることが多いそうです。

 

 「私が教えると、すぐにケンカになるんですよね。」

 

 というような一言を聞いたことが何度もあります。

 他には、

 「『学校と教え方が違う!』と言われちゃうんですよね。」

  というもの。

 

 これに付け加えられているのが

 「今の勉強って昔とやり方が違うから…」

 の一言。

 

 ん?本当に昔とやり方が変わっているのか??そうなのか?

 いやいや、ここは必要のないプライドを捨てるのが大切。

 こういうときって結局、家の方も分からないっていうことなんですよね。

分からないからこそ、分かるもの

 僕は、小学生のころ先生になれるような学力はありませんでした。

 字は下手

 算数苦手

 運動苦手

 しかも超太い

 できない&コンプレックスの塊でした。

 上に書いた通り、勉強の中で特に算数が大嫌いでした。できなかったな~。

 勉強が分からないことは当時、とっても苦痛でしたが今になってありがたいことがあります。

 それは、自分が勉強が分からなかったから、分からない子の気持ちが分かることです。

 

 例えば、宿題が分からなくて困っているのに、家の方に

 「何でそんな問題も分からないの?」

 なんて言われた日にゃ、勉強なんてやる気が起きないですよね。

 

 僕は、勉強を教えるときにとても大切なことは、分からない子の気持ちに共感することだと思っています。

 「わかるわ~、それ、難しいよね。」

の一言でも聞けば、子どもは少しは安心すると思うんですよね。

 

 

 

「今と昔では教え方が違うから」の一言よりも、

「こんな難しいことやっているんだな~、頑張ってるなー」という一言の方が、

断然勇気付けられそうじゃないかな。 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

WordPress.com Blog.

ページ先頭へ ↑

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。