家事・育児<仕事と思っているパパへ

学校の先生って大変だよね

小学校の教員をしていると話すと、多くの方に言われる言葉です。

確かに、大変さはあります。

 

小学校の教員は、朝から放課後まで、一つのクラスの子どもたちと関わることになります。子どもたちと人間関係が築けないと、その一年、中々しんどいと思います。

 

毎日の事務作業でいうと、担任の裁量ですが、宿題があります。今年度は40人のクラスなので、ノート40冊の丸つけをするのは確定です。

さらに、授業の後に振り返りを記述させているので、毎授業ごとに、ノートが40冊ずつ追加されます。

体育や学活などもあるので一概には言えませんが、毎日総計160冊ぐらいのノートをチェックすることになります。

 

慣れてないことも、突然任されることもあります。

僕はサッカー未経験で、さらに今までの教員生活でサッカー部を顧問していなかったのですが、去年11年目にして初めてサッカー部の顧問を務めることになりました。どんな指導をすればいいのかなんて、全然分からないので、かなり困りました。

 

 

…と、まぁ挙げればキリがないと思います。でも、どんな仕事でも大変だと思ってます。

知らないと見えないことがいっぱいあるから、

だから「大変」って思われるんじゃないかな。

 

じゃあ家事・育児は?

家事や育児は、知らないことでしょうか。

いやいや、たぶん家事や育児を行ったことがない人でも、大体どんなことやるか見当がつきますよね。あくまでも、「大体」。

 

このご時世だから、家事や育児を仕事と比べる人なんて、そんなにいないと思っていました。

でもインスタには、

 

旦那さんからの理解が得られない

 

と嘆く、ママさんの投稿がたくさんあるそうです。妻が言っていました。驚きです。

 

大体知っているからなのか、家事や育児と仕事を比較して、

家事・育児<仕事

と思っているかもしれません。「かもしれない」だけで原因はわかりません。

ただ、事実として嘆いているママさんがいっぱいいることは確かです。

 一回、やってみればいい

家事や育児は、どんなことをやるか見当がつく。

だからといって大変じゃないなんてことはない。

両方同時にこなすことの大変さは、仕事と変わらないんじゃないかと思っています。

 

「あー、今日も仕事で疲れた~」

と言って、家事・育児に勤しむ奥さんへの感謝の気持ちを忘れているパパは、一回、全部一人でやってみればいい。

 

全部やってみれば、「家事や育児を知っているつもりだった」ということに気付けます。

どんなタイミングで、どのように慌ただしくなるのか。

家にいるからといって、安らぐ時間はあるのか。

そんなことが見えてきます。

 

今まで知らなかったことが見えてくると、

 

共感できる。

感謝できる。

そんなことができるようになると、家庭内が、少しほっこりするんじゃないかな。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

WordPress.com Blog.

ページ先頭へ ↑

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。