男の子のこだわりを尊重して、才能を伸ばす3つの「み」

昨日は所有物にこだわることについてブログを書きました。「こだわり」は女の子と男の子では、どちらかというと男の子の方が強いそうです。それは所有に限ったことではありません。

 

子どもの才能を伸ばすためには、子どもが、どんなことにこだわりがあるのか。それを見つけることが必要です。

 

子どもが何に興味をもっているのか。

子どもが何故そのような行動を取るのか。

子どもが何を嫌がっているのか。

…等々のこだわりを見つけることから始まります。

 

 

 

こだわりを見つけたら、次に親ができることは、そのこだわりを認めること

大人からしたら、

「何でそこ!?」とか

「何でそんなものに!?」とか

「何でそんなことが!?」とか

色々とツッコミどころが満載なことはあると思います。ですが、ここで否定してしまっては、子どもの才能を伸ばすどころか、子どもとの関係性も築くことができません。

 

 

 

最後に、そのこだわりを広げられるように、導くこと

 

あくまでも導く。親がそこに連れて行くのではなく、案内役となるだけで、子どもが自分の足で歩き、進んでいく。見えなかった世界への案内役となれば、子どものこだわりは自然と広がっていきます。

案内役となるために必要なことは、問いかけ。

「何?」

「どのように?」

などの言葉を使って問いかけていき、世界を広げていけるといいと思います。

 

 

我が家では、長男が最近こだわっていることは、曜日です。

特に車に乗ると、カーナビが「今日は〇曜日です。」と言うので、ひたすらに

「今日は何曜日?」

「〇曜日の次は何曜日?」←続けてこの質問を連発です(笑)

 

妻が保育園に送っていく間に、三週間分くらい曜日を答えさせられたと言っていました。ものすごいこだわりを感じます(笑)

きっと長男の中では、曜日がどのように繋がっているのか、知りたくて仕方がないんだと思います。こちらからも尋ねながら、楽しく関わっていこうと思います。

 

みなさんのお子さんや、クラスの子どものこだわりは何ですか?

頻繁に口にする言葉や、よく行う行動を気にしていると、こだわりを見つけられるかもしれません。こだわりを見つけられたら、それが才能を伸ばすチャンスだと考えています。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

WordPress.com Blog.

ページ先頭へ ↑

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。