怒鳴ることの教育的な効果って何だろう

さて、今日から新年度!\(^_^)/教員始めて12年目がスタートです!

一体何年生の担任になるのかワクワクしています✨

教師を志したのは小学6年生の頃。それから色々と気になる職業はあったけれど、高校生の頃も変わらず教師を目指していました。

その頃自分の夢を話すとよく言われていたのが、

「子どもになめられそう」

でした。自分で言うのも何ですが、顔つきは優しい方だと思っています。声も男にしては中々高めです。だからこう言われるのも納得できました。

高校生の頃に言われていたことでも、結構残るものでして、教員一年目の頃、すごく気にしていました

「子どもになめられるのではないか」

初めての担任は小学2年生でした。小学生の中では2年生が一番担任しやすいと言われています。そんな2年生を受け持つことになり、さすがに2年生なら…と思っていました。…が!!

不慣れな様子の僕を見て、子どもたちは感じますよね。

「この人、何か慣れてないぞ」

って。様々な約束事を上手に指導できなかったので、始まって1週間で結構大変なことになりました。指導教員の先生に言われたことは今でも忘れません。

「このままだと崩壊するよ」

高校の友達が言っていた「子どもになめられる」状態になってしまいました。

そこで僕がとった手段が「怒鳴る」でした。

「この人は怒ったら大変だぞ」

それを植え付けることで、崩壊しないようにしていました。

この時僕は、なめられないように怒鳴っていたんだと思います。

それから先の教員生活では、このような意味も含め、さらに「本気で心配しているんだぞ」という気持ちも込めて、怒鳴る指導を繰り返してきました。

思いを込めて怒鳴ること=熱血指導

ということを思っていたんです。もちろん効果はありました。クラスも落ち着きやすかったです。

「先生は本気で叱ってくれてる」

「この人を怒らせたら大変だ」

と思われるので。

ただ、この方法だと成長過程のどこかできっとよくないことが起こる。

力で押さえつけられていた子は、その反動がすごい。様々な中学で指導が大変になるのは、小学校での指導も要因の一つだと思ってます。

体格が大人と同等になる中学生には怒鳴ったって効果出ない。

だからこそ、幼い内から考えさせたい。

目の前の子のことを本気で想い、

穏やかな気持ちで問いたい。

指導されて

「ウザい」「死ね」

という言葉を返す子ではなく、自分の考えを伝えられる子。そんな子どもを育てたいんだ。

怒鳴らなくたって、

熱い想いはちゃんとある。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

WordPress.com Blog.

ページ先頭へ ↑

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。